早めに治す

慢性疲労にかかる治療費

慢性疲労は誰でも感じる一過性の症状と半年以上続く「慢性治療症候群」に大きく分かれます。 半年以内の疲労は、十分な休養と栄養で健康的になる場合が多い症状です。 特にビタミン剤などをとって改善する場合も見受けられます。このような短期的な慢性疲労の場合、十分な食事にかかる費用と、サプリメントを利用する場合はその費用が負担となります。その場合費用は、おおよその見当がつきます。 しかし、睡眠や栄養、サプリメントでも解決しない慢性疲労で、半年以上も続く場合は、「慢性疲労症候群」の可能性がある場合があります。 そのような場合は、心療内科などの病院で精密検査をして、医師の診断を受け、可能な薬剤を試してみることも必要になります。そうなると治療が長期間にわたり、経済的にも負担が大きくなります。 早くこの病気の認知と治療法の確立が求められています。

症状の特徴と治療方針

半年以内で食事や睡眠で改善できる場合は、あまり心配はないのですが、それ以上の期間続く疲労で、睡眠過多やベッドから起きられないほどの疲労になると、「慢性疲労症候群」が疑われます。 原因は今のところはっきりしていません。そのため治療法の確立もできていないのが現状です。最近の研究ではそのような患者さんの脳を調べると、さまざまな部位で「炎症」が見られることがわかってきました。 ただその炎症が免疫の異常か、ウイルスによるものかは、まだわかっていません。そのため抗うつ薬や漢方などが治療のために投与されますが、効果が今一つ得られないのが現状です。 そのため多くの患者さんが、怠けているなどの誤解を受け、さらにストレスなどで悪化する場合があります。 患者さんの身になって、さまざまな抗うつ薬をはじめとした薬や漢方薬を試み、長い目で見守ってあげる必要があります。